新型コロナウイルス感染症に際して、当院での対応について

新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、当院でも、消毒、換気の徹底等を行い診療を続けていますが、

下記について、通常の診察と対応を変更させて頂くこととします

発熱、咳が4日以上続く方は、帰国者・接触者相談センター 清州保健所 052-401-2100 に問い合わせをお願いします。センターの指示で、通常通りの受診を指示されましたら、電話で事前連絡もしくは受付でお伝えください。それ以外の、発熱、咳の方も事前連絡もしくは受付でお伝えください。その際は、診察まで車内待機や、処置室待機をお願いします。場合により裏口から入って頂く事もありますので、ご協力ください

花粉症その他で、定期的に通院されている患者様に対しては、受付での問診、もしくは電話での問診を行い、お変わりが無い場合、診察室に入ることなく処方せんをお渡しすることを可能とします。その際、御希望の方は、院外(車内等)で、受付対応後に処方箋が出来るまでの時間を待機していただけますので、おっしゃってください。ただし、今シーズン初めての方や、前回から期間が空いている方は出来ません

上記の該当する患者様で、御希望の方は、処方箋を希望される薬局にFAXして受け取ることも可能です。その際は、当院への来院は不要となりますが、電話での問診と、精算が別途必要になります(後日、来院していただくか、振込で精算をお願いします)。

受診の際、待合での滞在を少なくするため、御希望の方は車内、院外等でお待ちいただき、中待合にお呼びする時点で、電話連絡することも可能ですので、その旨、来院時におっしゃってください。その場合は、連絡後、診察室にお呼びする時点で、中待合に不在の場合は順番が前後することがありますので、御了承ください。

吸入については、感染兆候、疑いのある方は施行しません。その他の方も、原則行わないとしますが、内服困難な方や吸入で通院されており、感染症を疑わない方は、相談の上、施行する場合もあります

以上につき、よろしくお願い致します